top of page

2024エンデューロモデルついに発表!!概要編

いつもご覧頂きありがとうございます!


ついに発表されたハスクバーナ2024エンデューロモデルのご紹介です!!こちらも1回では書ききれない為「概要編」・「2ストローク車両編」・「4ストローク車両編」でご説明いたします

 <画像は 2024モデル TE150 京都店店頭展示中 岡山も来週入荷します!>


95%のパーツが変更になった2024モデル!先ずは概要を記載します


・新型クロームモリブデン鋼フレームを採用し、アンチスクワット性能とフレックス特性を向上

・ポリアミドとアルミニウムのハイブリッドサブフレームを採用し、優れた強度と耐久性を実現

・48mm径のWP製 XACTクローズドカートリッジスプリングフォークを採用し、安定したダンピングと予測可能なハンドリングを実現

・エンデューロライディングのために開発された軽量なWP製 XACTリアショック

・エルゴノミクスに基づいた新しいボディワークにより、ライダートライアングルを見直し、コントロール性を向上

・TBIテクノロジーを採用し、乗りやすさと使いやすさを向上させた新型2ストロークエンジン

・クラストップレベルのパワーとトルクを発揮する250ccと350ccのDOHC 4ストロークエンジン

・新型LEDヘッドライトの採用により、より明るい光量とシンプルな装着を実現

・新型BRAKTECブレーキシステムと高性能GSKディスクの採用により、優れた制動力を実現

・クイックシフターとトラクションコントロールを制御する多機能マップセレクトスイッチを採用(4ストロークモデル)

・新型オフロードコントロールユニット(OCU)により、最高レベルの信頼性とユーザーフレンドリーな電子機器のサービス性を実現

・プレミアム品質のProTaper製ハンドルバーとODI製グリップ

・軽量リチウムイオン2.0Ahバッテリーで駆動するセルスターター搭載


そして詳細です

予測可能なダンピングを提供する、新しいエンデューロ専用WPサスペンションは、ライダーがテクニカルなセクションを完全な自信とコントロールで攻略することを可能にします。WP製 XACTクローズドカートリッジスプリングフォークには、ミッドバルブピストンが採用され、スムーズな動作と安定した性能を発揮します。


新設計のWP製 XACTショックは、新しいピストンを採用して快適性を向上させ、300mmのトラベルを維持しながら100gの軽量化と15mmの短縮を実現しています。フォークとショックのセッティングは手で調整できるので、素早く簡単に自分好みのセットアップが可能です。


新しいWPサスペンションと調和するように新設計されたのが、クロームモリブデン鋼のフレームです。アンチスクワット性能を向上させ、フレックス特性を見直したこのシャシーは、より耐久性の高いハイブリッドサブフレームを採用し、非常に俊敏なハンドリングと信頼感のある直進安定性を実現しています。


新型シャシーを包み込む新しいボディワークには、スウェーデン風のモダンなグラフィックが施され、ハイグリップシートカバーが装着されています。この新しいボディワークは、ライダートライアングルを改良し、膝の接触面積を増加させてコントロール性が向上したほか、スリムなデザインにより、スタンディング時の自由度も改善しています。


さらに、ヘッドライトのデザインも一新してLEDを採用、明るい光量が得られるとともに、より効率的で使い勝手の良いマウントシステムとしています。


TE150、TE250、TE300の2ストロークモデルには、スロットルボディインジェクション(TBI)技術を採用した新しいエンジンが搭載されています。この軽量なマシンがクラス最高レベルのパフォーマンスを維持するために導入されたTBIは、厳しい条件下でも、回転域全体でより一貫してコントロールし易いパワーを提供します。


メーターがKTMと同タイプになりました!



FE 250とFE 350には、よりコンパクトな新型DOHCエンジンが搭載されています。このエンジンは、従来型と比較して2度後方に配置され、マスの集中化を図ることでシャシーのアンチスクワット挙動を改善しています。


さらに、両エンジンとも主要コンポーネントを可能な限り中央に配置し、ハンドリングを向上させるとともに、最大のトルクとパワーを発生するよう設計されています。4ストロークモデルでは、トラクションコントロールや、高負荷時でも確実にシフトアップできるクイックシフターなどのライダーエイド機能を搭載しています。




以上、概要編でした



Husqvarna岡山

ベイシストオート岡山店

玉野市東高崎25-72

0863-30-9382

basist.okayama@gmail.com

営業時間 10時~19時

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page